タグ:海 ( 8 ) タグの人気記事

アシカ、アザラシ、オットセイ。

c0006904_12512550.jpg
自在に泳いで、気持ち良さそう。
これは、アシカ、アザラシ、オットセイ?


手前(上)がアシカで、その奥がアザラシ…でしょうか。
陸の上で休んでいる姿と、水中を泳ぎまわっている姿と
両方を見ましたが、ずいぶん印象が違います。
トドやセイウチは、鳴き声が大きく響いて迫力がありました。


アシカ(アシカ科)
耳:小さな耳介(耳たぶ)がある
歩き方:上体を起こし、後足を前に向けて、前後の足を使って歩く
泳ぎ方:前足を左右同時に動かして、羽ばたくように泳ぐ

アザラシ(アザラシ科)
耳:耳介がなく、穴が開いているだけ
歩き方:腹ばいになって、もぞもぞ前進する
泳ぎ方:後足を振って泳ぐ

オットセイ(アシカ科)
耳:アシカよりも耳介が目立つ
歩き方・泳ぎ方:アシカと同じ
毛皮:剛毛の下に綿毛があり、ビロード状
大きさ:アシカよりも小さい

トド(アシカ科)
大きさ:アシカ科で最大種

セイウチ(セイウチ科)
大きな牙があり、髭が目立つ。体毛はない
歩き方はアシカ的で、泳ぎ方はアザラシ的



[PR]
by ekotoba | 2014-06-29 17:50 | 旅のこと。 | Trackback | Comments(0)

不思議な海獣、ベルーガ。

c0006904_13555169.jpg
映画館のスクリーンの様な水槽に現れた、ベルーガ。
c0006904_12521016.jpg
CMでは小さいイメージ(スナメリくらい)だったのですが、
4-5メートルと、想像よりはるかに大きな体でした。
飼育員さんと並ぶとこのとおり。

「イルカのおじさま」篇(Youtube)

c0006904_12513493.jpg
ベルーガは、シロイルカやシロクジラともいい、
イルカよりもクジラに近い仲間で、とても不思議な海獣でした。

頭とおなかの皮膚は、ダイバーさんが触って揺らすと
ぼよよーんと音がしそうなくらい柔らかく、よく動く。

音波を使って、物の位置や形を把握できる能力があり、
目隠しをしていても、水中の輪を上手にくぐることができる。

仲間と会話することもできる。2頭のうち1頭には目隠しをした状態で、
飼育員さんが「その場で回転して」というジェスチャーをしました。

すると、もう1頭は合図が見えていないはずなのに、
2頭ともいっしょにくるくる回り始めたのは、
まるで手品みたいでほんとうに驚きました。

合図を見た方が、目隠しをされた仲間に、
「こんな合図がでたよー」「その場で回るよー」って伝えたんですね。

鳴き声も可愛くて、飼育員さんが「ピヨピヨ」と水中マイクで話しかけると、
ベルーガも「ピヨピヨ」とそっくりの音で鳴きまねを返します。
音の長さや高さを変えても、「おはよう」という複雑な言葉も
ほぼ正確にまねをしていて、頭が良いなあと感心。

動物にパフォーマンスをさせるというのは抵抗もありますが、
こうしたあまり知られていない動物の詳しい生態を
実演を交えて科学的に詳しく解説することは、とても意義のあることだと感じました。

"Beluga" photo by maya at Kamogawa Sea World, May 2014.

[PR]
by ekotoba | 2014-05-21 16:09 | 旅のこと。 | Comments(4)

鞆に行ってきました。

c0006904_15345375.jpg
海を包む町


親戚のおばさんのお見舞いを兼ねて、鞆(とも)に行ってきました。

あいにくの曇り空で海は灰色、潮風が肌寒かった。
鳶(とんび)が2、3羽、風に乗ってよく飛んでいた。

連休に挟まれた平日、観光客も少ない石畳の街を歩く。
狭い路地に、なかなかのスピードで車が入ってきたり、
2台がぎりぎりですれ違うのを見た。

外から鞆に移り住んだ人や観光客、『崖の上のポニョ』を観た人は、埋め立てに反対。
50年以上鞆に暮らすおばさんは、道路を造ることに賛成。

自動車がなかった頃、人力の荷車が行き交っていた頃の町並みを残したままの鞆。
観光客は来ても、人口は半分近くに減ってしまった鞆。

イタリアの世界遺産の町では、屋根や壁の色や材質は統一され、
作っていい看板の大きさやデザインまで法律で決まっていて、
徹底した覚悟で歴史的な町並みを残しつつ、人々がその中で暮らしていた。

景勝地としても、住みやすい町としてもあり続けるには、どうしたらいいんだろう。

鞆の浦埋立て架橋計画問題 - Wikipedia
http://p.tl/xQ3u


"Tomo no Ura" photo by maya at 広島県福山市鞆町, May 2013.
[PR]
by ekotoba | 2013-06-24 16:57 | 旅のこと。 | Trackback | Comments(0)

海の中で。 -Protect the Maldives-

c0006904_10405294.jpg

「この楽園で人はゲストに過ぎず、人もそれをわきまえて振舞わなくてはならない」―ジャック・クストー


「サンゴでできた島の上にあるモルディブ。
サンゴなしには島もありえない。

海の中に見えるのは石ではなく、生きているサンゴ。
幾百万のポリプ(サンゴ虫)が数千年の時をかけて育てた石灰岩生成物。
このポリプはきわめて小さく、目には見えませんが、
サンゴに触れればポリプを破壊することになります。

サンゴ礁は地球上で熱帯雨林に次ぐもっとも複合的な生態系といえます。
生息する生物は10万種以上。このビオトープの中心となる要素がサンゴです。

★このため:サンゴには絶対に触れないでください!

本文はパンフレット「www.protectthemaldives.deのフォーラムメンバーによるイニシアチブ」より抜粋しました。
このパンフレットは、いろんな国からの旅行者が読めるよう、
12ヶ国語で翻訳されて滞在する島の各ゲストルームに備えてあります。
(日本語のページもあります!)
ドイツの団体が作成、2002年に活動を始めたようです。
詳しいページはこちら(ドイツ語と英語があります)。

"Our blue boat." photo by maya Makunudu Island, Maldives Mar 2010.
[PR]
by ekotoba | 2010-07-19 11:15 | 旅のこと。 | Trackback | Comments(0)

泣かないで、heron。

c0006904_2225255.jpg

早朝の海のヘロン。

島に着いて最初の朝食。
そのテーブルのすぐそばをゆったり歩いていた大きな鳥。

一周歩いて15分の小さなマクヌドゥ島にはこの鳥が何羽か住んでいるそうです。

みんなの朝食が終わるころ、厨房のスタッフがお皿にいっぱいの魚を持ってきてくれます。

これが彼の日課。

"Don't cry, heron." photo by maya in Makunudu, Maldives Mar 2010.
[PR]
by ekotoba | 2010-07-09 22:18 | 旅のこと。 | Trackback | Comments(2)

青色の虹。

c0006904_2102431.jpg
いろんな青の色が層になってます。

青色の虹です。

"Simple sea." photo by maya in the Makunudu Island, Maldives Mar 2010.
[PR]
by ekotoba | 2010-04-25 21:07 | 旅のこと。 | Trackback | Comments(0)

旅に行ってきました。

c0006904_23332564.jpg
"no title" photo by maya in the Makunudu Island, Maldives Mar 2010.
[PR]
by ekotoba | 2010-03-28 23:34 | 旅のこと。 | Trackback | Comments(2)

ボタンを架ける場所。

c0006904_1959561.jpg
映画「オーシャンズ」を観てきました。

世界遺産や自然・動物のドキュメンタリーが好きで、これは大画面で見たい!と思って。
「WATARIDORI」の評判もあって期待はふくらんでいました。

そして冒頭の印象的なシーンから、ぐいぐい引き込まれる力強い映像。

超高速のイルカに追いつくスピード感。
ずっと耳から離れない、ごうごうという波のうねりの音。
呼吸が泡になり、海と混ざって鳴る音。
響き渡るクジラの歌声。
気持ちが伝わってくるような鮮明なアザラシの目の表情。

真剣なんだけどコミカルなカニとシャコのケンカ。
魚と鳥と動物と水草とプランクトンと。
食べる、食べられるの連鎖。
ついさっきまでその砂の上を一生懸命這っていたウミガメの赤ちゃんは、
一瞬で水鳥のくちばしにさらわれる。

c0006904_20061.jpg
できればナレーションをほとんどなしにして観たかった。
音楽と映像で充分。
映像の捉えた瞬間のすばらしさ、海と生き物たちの生命力、そのつながりは、
それだけで伝わったんじゃあと振り返る。
人間の行為を悪としか捉えられない演出は残念でした。

動物も人も、植物でさえ、自分以外の何かを奪い、
体へ取り込むことで生きている。

意識のボタンを偏らないように、「そこ」へ架けなおす。

何度も何度も。

はずれたボタンと、取れかけてほころびたボタンと、いつか失くしたボタンを
もう一度、丁寧につけていく。

c0006904_2013024.jpg
"The bridge of button." "Ocean's oceans." photo by maya Jan 2010.
[PR]
by ekotoba | 2010-01-31 20:32 | エコトバ。 | Trackback | Comments(2)
 




一葉の写真に、生活と自然のことばを添えて届けます。

by エコトバ。

プロフィールを見る

メモ



素材をお借りしています。

タグ

カテゴリ

エコトバ。
エココロ。
とうきょうの縁側。
旅のこと。
畑のこと。
いのちのこと。
こんなこともしてます。
blogについて。

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

外部リンク

お気に入りブログ

今夜もeat it
honeywhite
Lounge 3am
Sha*ra*ra

ライフログ





ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。