タグ:旅 ( 21 ) タグの人気記事

アッシジ、サン・フランチェスコ聖堂。

c0006904_19224560.jpg

アッシジは、聖フランチェスコの生まれた町。
建物は白と淡いバラ色の石で築かれていて、
曲がりくねった小道や階段を当てもなく歩いていると、
小鳥の声が風に乗って聞こえてきて、
初めて来た場所とは思えないほど、心安らぐことができます。

c0006904_1931220.jpg

サン・フランチェスコ聖堂。
アッシジの象徴、聖フランチェスコの生涯を描いたフレスコ画がここにあります。

持てる物はすべて貧しき弱き人に与え、家も服も何も持たず、
清貧を説いたフランチェスコが、この雄大で立派な聖堂を見たら
なんて言っただろう・・・とちょっと複雑な気持ちになります。

とはいえ、これだけの聖堂が建ったのも、大勢の人(巡礼の人、観光客含む)がここへ集まるのも、
ひとえに聖フランチェスコが人々に慕われているから。

なんでそんなに人気があるのか、不思議に思って、
旅行に出る前に映画を見て予習してみました。
『フランチェスコ ~ノーカット完全版~(1989年)』
キリスト教色はそんなに強くなくて、むしろ中世の貧しい町に実際に存在した、
フランチェスコという一人の男性の姿が描かれています。

始めはフランチェスコの友人たちも、彼の行動(全財産を寄付してしまう、
貧しい人や病気の人と一緒に暮らすなど)が理解できず戸惑うけれど、
彼の純粋な心、キリストの教えを実践しようとするひたむきな姿勢に、
惹かれ、同じく修道士になっていきます。

威厳があったり強かったり、お金があったり着飾っていたり
すごい奇跡を次々に見せたり、というものはフランチェスコにはありません。
若い頃は遊び呆けていた放蕩者、騎士にもあこがれて行ってみたけど駄目で、
改心してからは、ぼろぼろの布を着て、泥だらけの粗末な小屋に寝起きし、
祈っても祈っても神様が応えてくれないことに悩んで、泣いて、
病気になって、でも無欲に純粋に教えに従おうとがんばるという、弱いただの人です。
そこがフランチェスコの魅力なのかもと思いました。

c0006904_19453231.jpg

中庭に面した廊下の仕切り戸。

聖堂内ではミサが行われていて、聖歌が合唱される場面に偶然立ち会うことができました。
私たちの周りにいた通りすがりの観光の人たちも唱和していたので、
堂内で大音響に包まれて、なんともいえないエネルギーを感じました。

c0006904_19575598.jpg

ぐるぐる。
この向こうには、聖フランチェスコを慕う神父さんや修道士さんが
今も日々祈りをささげてるんだろうな、と思いを馳せます。

"Assisi, Basilica di San Francesco." photo by maya May 2011.
[PR]
by ekotoba | 2011-07-22 20:11 | 旅のこと。 | Trackback | Comments(0)

アッシジに泊まるなら城壁の内で。 sanpo

c0006904_1242011.jpg
アッシジで宿泊した Hotel Dei Prioriの部屋からの眺め。
お祭りの日が近いため、窓には旗が飾られています。

【Calendimaggio カレンディマッジョ】
毎年5月の第一木曜日からの3日間に開催される、アッシジ最大の祭り。
住民たちはこの祭りのために一年間かけて準備し、
期間中は中世の衣装に身を包みパレードする。
(逆に言うと、このカレンディマッジョが終わると住民は燃え尽きてしまうため、
その後の町には、いつまでも片付けられない祭りの残骸が転がっていたりするとかしないとか・・・。)

c0006904_1210297.jpg
可愛いツインルーム。ベッドカバーとカーペットは落ち着いたブルーでまとめられています。
c0006904_1211818.jpg
なんとバスタブ付のお部屋でした。
長旅で疲れた体に、何よりも嬉しいサービスです。

【Hotel Dei Priori ホテル デイ プリオーリ】
Corso Giuseppe Mazzini, 15 06081 Assisi
コムーネ広場すぐそば。アッシジの町を歩いて散策するのにぴったり。

c0006904_13232641.jpg

旅行会社の人に、「せっかくアッシジに行くなら1泊だけでもしたほうがいい。昼間は観光客がバスで押し寄せてるけど、泊まれば、昼とはまた違った雰囲気を感じられるから。あと、アッシジに泊まるなら、城壁の内にあるホテルがいいです。城壁の外にもいくつかホテルがあるけど、町の雰囲気を満喫するなら、城壁の内側のホテルがおすすめです。」と言われた意味が、現地に行ってよくわかりました。

アッシジの町は、特に城壁の内にある町並みが、素敵なのです。
この町に住んでる人みーんなで、町をきれいに掃除したり、壊れたところは修復したり、
花を飾ったりして、旅行や観光に来たいと思ってもらえるように町づくりしてる感じが伝わってくる。

あちこちにごみが落ちてて、ちょっと治安の良くなさそうな雰囲気もあったローマの町と、
同じイタリアでもこれだけ違うんだなあ、と感心させられました。

では、ひとやすみしてアッシジの町を散歩します~。
[PR]
by ekotoba | 2011-07-14 12:21 | 旅のこと。 | Trackback | Comments(2)

バスのチケットを4枚ください。

c0006904_142236.jpg

車窓の景色を楽しみながら、アッシジ駅に到着。
アナウンスは、停まる直前に、駅の名前を2回繰り返すだけのシンプルなもの。
でも一単語以上聞き取れない私たちにはそれで十分。

c0006904_14233838.jpg

巡礼の修道女さんたち以外に、旅行者の姿もあります。
ここからはバスに乗ってアッシジの城壁内の町へ向かいます。
バスのチケットは、あらかじめ必要な枚数を駅の売店(Barバール、Tabacchiタバッキなど)で買っておくシステム。
往復×2人=1回券×4枚をもらいます。
どきどきしながら、売店のおじさんに覚えたてのイタリア語会話で話しかけてみました~。

"Vorrei un biglietto. (チケットを1枚ください。)
 Autobus. (バスの) 
 あ、un(1)じゃない、quatrro(4)." (指で4を示すジェスチャー)
"Quattro?"
"Yes.(はい≪英語≫) じゃないや、えっと、Si."

日本語とイタリア語、英語もミックスしてなんとかチケットを買えました。

c0006904_14243656.jpg

バスの時刻表。
さっきの列車から降りた人が20人くらいバス停に並んでいました。
1本目のバスは満員で誰も乗れなかったのですが、すぐ次のバスが来るから~というようなことを運転手さんが言っていて、なるほどその言葉どおり10分も待たずに次にやってきたバスに乗り込むことができました。
バスのチキチキ(自動改札機)はバス車内に設置してあるので、それを見つけて乗車日時を刻印します。

c0006904_14251475.jpg

linea C (バスC線)のルートマップ。
C15 Piazza Matteotti (マッテオッティ広場)が、私たちが泊まるホテル最寄のバス停です。

c0006904_1425555.jpg

バスの車窓から、丘の上に建つアッシジの町が見えてきました~。
[PR]
by ekotoba | 2011-07-13 14:57 | 旅のこと。 | Trackback | Comments(0)

朝7時、ローマからアッシジへ。

c0006904_14523430.jpg

2日目、朝7時、ローマからアッシジへ列車で移動。

テルミニ駅は広いので時間に余裕を持ってホテルを出発。
チェックアウトがホテルの朝食の開始時間よりも前だったので、
朝ごはんは、昨日の機内食の残りをとっておいたもの
(パンとクラッカー、ジャムなど)を駅のベンチで食べました。
平日の朝なので、駅は旅行客だけでなく通勤・通学の人もいて
わいのわいのしているけど、日本のラッシュというほどではありません。

c0006904_14525567.jpg

駅中央の掲示板で7時43分発ペルージャ行きの
ホームの番号を確認すると「2Est」と書いてありました。
「2」じゃなくて「2Est」。
ホームは1から順番に並んでいるのはわかるけど、Estって??
と少しあわてましたが、案内板をたどって、途中infoの係員さんにたずね、
駅の一番端っこのホームをさらに奥に進むと2Estに着きました。
これはわかりにくい。早めに駅にきてて良かった。

c0006904_1453725.jpg

2Estのホームと、私たちが乗った各駅停車(向かって右の列車)。
首都・ローマの駅なのにどこか僻地のようです…。
ホームには修道女さん(おばちゃん~おばあちゃん)のグループがいて、
ああこの人たちはアッシジに巡礼に行くんだな~とわかり、ほっとしました。
ちなみにテルミニ駅からアッシジに列車で行くには、
フォリーニョ駅で乗り換えのパターンと、乗り換えなしで1本でいけるパターンがあります。

停まる主要な駅はこんな感じ。

ローマ→オルテ→フォリーニョ→アッシジ→ペルージャ(→アンコラ)

c0006904_14534247.jpg

これが乗車券。
忘れずにホームで黄色いチキチキ(乗車日時を刻印する機械)に通してから列車に乗り込みました。
ヨーロッパでは日本のような改札がないので、乗車券を持っていなくてもホームまではいることができます。
ただし乗車中に車掌さんが回ってきた時に、乗車券を持っていない(またはこのチキチキで刻印してない乗車券を持っている)と大変な罰金になってしまうので注意が必要です。

さ~やっとアッシジに向かいます。

"Tuesday Morning, 7 a.m." photo by maya in Roma May 2011.
[PR]
by ekotoba | 2011-07-06 15:33 | 旅のこと。 | Trackback | Comments(0)

フィウミチーノ空港からローマ市内へのアクセス。

c0006904_1641281.jpg
イタリア旅行、1日目はローマ。

ローマのフィウミチーノ空港からローマ市内へのアクセスは、

(1)直通列車(レオナルド・エクスプレス)
(2)シャトルバス
(3)タクシー

などがあって、私たちは経済的で比較的安心して乗っていられるシャトルバスを利用しました。

列車だと早いのですが、大荷物を持って乗り降りしたり、席を確保したり、荷物を盗られないか気をつけたり、というのが心配でした。
その点、シャトルバスは、チケットを買えば席数は確保できるし、大きい荷物は鍵をしてトランクに入れるので盗られる心配はないし、乗客も旅行者ばかりなので安心できます。

ただ、肝心の乗り場がわかりにくく、地球の歩き方'11にも詳しくは載っていなかったので、キャリーを引っ張りながら空港前のバスターミナルを右へ左へと探し歩いてしまいました。
汗だくになりつつ、ターミナルに入ってきて停車した大型バスを追いかけ、席がまだ空いているか確認してもらい、ようやく切符売りの係のお姉さんから乗車チケットをゲット…。
(飛行機の中でハリーポッターの映画を見ていたからか、このお姉さんは見た目やメイクが魔女っぽい印象だった。)

まだ初日でイタリアに慣れていないし緊張してたけど、郊外ののんびりした景色を眺めたり、ヴァティカンの城壁を見たりしているうちに、ローマ市内の中央駅、テルミニ駅に到着。

テルミニ(Termini)ってターミナルと同じ語源っぽい。
綴りが似てる!

"Statione Termini" photo by maya in Roma Italia May 2011.
[PR]
by ekotoba | 2011-06-22 16:45 | 旅のこと。 | Trackback | Comments(0)

眠れない夜には、星を数える。

c0006904_22162756.jpg
そんなことが勧められているような気配りのある天井でした。
成田を出たのが22時だったので、離陸後しばらくして照明を落とした機内も、
こんな星空になるのでした。
エミレーツ、さすが!

c0006904_22161193.jpg
エミレーツといえば、CAさんの赤い帽子に、片側だけ布がたらしてあるユニフォームが印象的です。

あの布は飲み物を配ったりする時、邪魔にならないのかな、と思っていたのですが、機内では帽子をぬいで勤務されていました。

着陸して、飛行機から降りるのを待っている間、CAさんがその帽子を乗客の女の子にかぶせてあげて、一緒に記念写真を撮るというフレンドリーなサービスも見られました。

エミレーツのCAさんは、日本ほど丁寧すぎず、スリランカほど雑でもない、適度なサービスレベルで、乗降時の挨拶も気さくな感じでよかったです。
[PR]
by ekotoba | 2011-06-11 23:46 | 旅のこと。 | Trackback | Comments(0)

エミレーツ航空、ドバイ経由ローマ行き。

c0006904_11595195.jpg
イタリアへ行くのを決めたのは今年の1月のことでした。

それでも5月の直行便の安い席はもう埋まってしまっていて、
乗り継ぎ便を利用することに。

エミレーツ航空、ドバイ経由ローマ行き。

えっ、ドバイ…?

c0006904_12181553.jpgドバイ【Dubai】

アラビア半島のペルシア湾の沿岸に位置し、アラブ首長国連邦を構成する国のひとつ。
人口220万人。中東屈指の世界都市並びに金融センター。
かつては平坦な砂漠の地だった場所に、超高層ビルが林立し、中東でも随一の繁栄を誇っている。
人工島群「パーム・アイランド」や砂漠の人工スキー場「スキー・ドバイ」など、観光開発に力を注いでいる。
また「中東の交通のハブ」となるべく航空インフラの充実に力を入れ、エミレーツ航空が世界のすべての大陸との間を結んでいる他、世界各国から多くの航空会社が乗り入れている。
(Wikipediaより抜粋)

c0006904_1234126.jpgドバイ空港の中のオアシス。

夏季で外気温が32~35度のためか、薄着だと寒いほど冷房が効いています。

乗り継ぎの待ち時間が長い場合は、上着を一枚持っておくのがおススメです。


c0006904_1235937.jpgドバイ→ローマの機内食(ランチ)。

確かFish(魚)のチョイス。

白身魚にスパイシーなクリームソース。
マッシュポテトがおいしいです。

トマトとキュウリとチーズ、ブラックオリーブのサラダ、パン、バター、クラッカー、チーズ、チョコレートバナナケーキ、ミネラルウォーターがセットになってます。

c0006904_1241891.jpgおなじくドバイ→ローマのランチ。

Chikin(鶏肉)のチョイス。

バターチキンにエスニックなソース&ライス&豆のカレー煮。

適度に辛いので食欲が出ておいしかったです。

● 所要時間
自宅→成田 2.5時間
空港待ち時間 4時間(シャトルバスの時間の関係で早めに到着)
成田→ドバイ 10時間
乗り継ぎ 4時間(ドバイ空港内をうろうろ+ベンチで休憩)
ドバイ→ローマ 6時間

飛行機に乗っていたのは合計16時間、
自宅を出てから26.5時間で、ようやくイタリアにたどり着きました…。



[PR]
by ekotoba | 2011-06-02 12:40 | 旅のこと。 | Trackback | Comments(4)

サン・フランチェスコの小さな花。

c0006904_2082528.jpg

丘の上の小さな町、アッシジ。

サン・フランチェスコが語りかけた小さな花は、

数百年後もこの地に咲いていました。

c0006904_20161479.jpg


"The little flowers of San Francesco." photo by maya ロッカ・マジョーレ in Assisi May 2011.
[PR]
by ekotoba | 2011-05-25 20:19 | 旅のこと。 | Trackback | Comments(1)

南の島の小さな鳥。

c0006904_2195255.jpg

マクヌドゥ島のピヨピーヨ。


一周歩いて15分、遠浅の海、サンゴに囲まれた小さな南の島。
その島の生態系の頂点は鳥たちでした。

heronのような浜辺の魚を食べる大きな鳥もいれば、
こんなおしゃれな色の鳥もいました。

家族親戚で滞在していた2才くらいのイタリアの女の子。
その子がある日の朝食のテーブルで、近くにいた鳥を見つけた瞬間。
指差して言ったことばがなんと「ピヨピーヨ!」でした。

国や言葉を越えて、つながった嬉しい一瞬。


○ 。 ○ 。 ○ 。 ○ 。


5月のある日
ツバメが4羽、郵便局の軒先で飛び交っていました。

5月のある日
家の近くで山吹色のくちばしと足をした灰色の鳥を見かけました。
つばめよりも少し大きいくらい。

6月のある日
雨上がり。水溜まりでキジバトが水を飲んでいました。

8月のある日
assamyの個展に行きました。オリエンタルな鳥世界、展開。

-------------------------------------------------------

ピヨピーヨ【piyo-piyo】
1. [副] 小鳥の鳴き声。
2. [名] (主にイタリアで)鳥をいう幼児語。

-------------------------------------------------------

"piyo-piyo!" photo by maya in Makunudu island, Malvives Mar 2010.
[PR]
by ekotoba | 2010-09-08 21:34 | エコトバ。 | Trackback | Comments(0)

Time to Colombo ―長い空の旅―

c0006904_1303870.jpg
どこか懐かしい出発時刻の表示。
c0006904_130552.jpg
空港から世界へ。
c0006904_130924.jpg
スリランカ航空の飛行機。これに乗って10時間30分。長い空の旅です。
c0006904_1313441.jpg
7時間後・・・
やっとバンコク上空を通過します。
スリランカのコロンボ空港まであと2時間55分です。
そこからモルディブ共和国のマーレ空港行きに乗り継ぎます。
c0006904_1325719.jpg
そこは空と雲の世界。

"Time to Colombo." photo by maya in the Makunudu Island, Maldives Mar 2010.
[PR]
by ekotoba | 2010-05-05 13:14 | 旅のこと。 | Trackback | Comments(2)
 




一葉の写真に、生活と自然のことばを添えて届けます。

by エコトバ。

プロフィールを見る

メモ



素材をお借りしています。

タグ

カテゴリ

エコトバ。
エココロ。
とうきょうの縁側。
旅のこと。
畑のこと。
いのちのこと。
こんなこともしてます。
blogについて。

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

外部リンク

お気に入りブログ

今夜もeat it
honeywhite
Lounge 3am
Sha*ra*ra

ライフログ





ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。