<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ひと休みの方法。

c0006904_23345952.jpg
歩いて、ゆるめて、ひと休み。
代休で、平日にお休みをもらいました。
したかったけど、この頃できてなかったことをしました。

◇とれかけてたボタンをつける。

お裁縫セットをひっぱり出して、針を探す。そういえば、卒論を提出してから上京までのあいだ、実家に居たとき。親子二人してピンクッションを作ることにはまっていたなぁと思い出す。その時あまり布で作った細かい花柄のピンクッションを、東京に持ってきた。ちく、ちく、すーっ。ちく、ちく、ち、・・・すーっ。 あ、ついでにあれのボタンもつけよう。久しぶりに針を持つと、下手なりに縫うのがおもしろくなる。前に、ラパンのかわいいCMを見てて、"刺繍"を妙にやってみたくなったことも思い出す。

◇割れた湯呑を直す。

陶芸家の友達にもらった湯呑を割ってしまって、でも捨てられずに新聞紙につつんでとっておいた。それくらいお気に入りの、素敵な渋い湯呑だった。もう一度その姿が見たい。割れたときの悲しい気持ちを思い返すのがつらかったけれど、今日は勇気を出してつつみから取り出した。ボンドを横において、遺跡から土器を発見した考古学者の気分になる。パズルをひとつずつ、合わせていく。あ、ぴったり。この形に似てるのは・・・この破片。ここよりもこっちを先にくっつけた方が、収まりがいいんやないかな。そうして張り合わせながら、ボンドだらけになった両手の指があやうくくっつきそうになる。だけど楽しい。パズルは昔から好きだった。割れた部分に見える色が、もともとの焼いた土の色なのだろう。綺麗な赤土の色。最後の破片はぴったりとは合わさらずに、ずれた。はみ出したボンドは乾いて白く残った。もとの姿とは違ってしまっているけれど、新しい焼き物頂き物。そう思って部屋に置く。あらためて素敵な作品をくれた友達に、何度もくり返したごめんなさいと、ありがとう。

◇くるりの「街」を聴く。

思いかけずシンフォニックになった、とくるりはこの曲を振り返って言った。思わず気持ちがあふれそうになる、この曲がやっぱり好きだと私は思った。

。  ゜  ○  。  ゜    ○

夕暮れに散歩をする。夏の終わりの風を肌で感じる。
涼しくもなく、温くもない。人肌の風。

もう少ししたら、また散歩の途中で立ち止まって写真を撮れるようになるかな。その目を、心をもう一度持てますように。

"Michibata." photo by maya Autumn 2005.
[PR]
by ekotoba | 2006-08-28 23:37 | エココロ。 | Trackback | Comments(4)

花火師の祭典。

c0006904_17372918.jpg

やっぱり草が好き。
今年も花火を見にきました。

花火師は腕を競う。花を咲かせ、散らし、流していく。
「昇小花八重芯錦牡丹冠菊」とか、花火にはその形や咲き方によって名前がつけられているそうです。

とうきょうの縁側⑪昭和記念公園/いたばし花火大会 
[Hanabi Taikai]

c0006904_173946.jpg
草の上に座って、夕闇を待つことの永さよ。咲く花の命の短さよ。
一瞬一瞬に人の心はとらわれて、光を得る。

家に帰るまでの足が緩やか。まだまだこの夜の中にいたいと。

"Kusamura Hanabi." photo by maya July→August 2006.
[PR]
by ekotoba | 2006-08-21 17:33 | とうきょうの縁側。 | Trackback | Comments(0)

海につかる。

c0006904_17435759.jpg海はきれい。
だけど、泳ぐのはこわい。
足に海藻が絡まるし、息が上手くできない。
幼い頃の記憶。
そうして長年、海でちゃんと泳いだことがなかった。

この日は、久しぶりの海。
ぬるい水。ぷかぷかゆれる体。
大きい大きい温泉に入ってるみたい。
気持ちいい。楽しかった。

浮き輪に乗ってあちらへこちらへゆっくり流される。足先の水が冷たくなってきたら、浜辺の方へ戻る。二人なら海はこわくないのだとわかった。遠浅の海は穏か。拾った貝殻には、やどかりが住んでいた。近くで子どもがはしゃぐとしぶきが起こる。しょっぱい。

休憩時間に食べた、ハッピーターンがおいしかった。凍らせた自家製麦茶はクーラーボックスの中で中々溶けてくれない。そして洗った髪が乾く頃に、夕焼け。みんな水から上がって、今はヨットの時間。浜辺を行きかういろんな犬。私も犬にさわりたい。犬と一緒に歩きたい。

とうきょうの縁側⑩逗子海水浴場[Zushi-Kaisuiyokujou]

鎌倉の次の駅。降りてから徒歩20分くらいで浜辺。スイカ割りもできます。

"Yuuyake no umi." photo by maya August 2006.
[PR]
by ekotoba | 2006-08-19 17:44 | とうきょうの縁側。 | Trackback | Comments(2)
 




一葉の写真に、生活と自然のことばを添えて届けます。

by エコトバ。

プロフィールを見る

メモ



素材をお借りしています。

タグ

カテゴリ

エコトバ。
エココロ。
とうきょうの縁側。
旅のこと。
畑のこと。
いのちのこと。
こんなこともしてます。
blogについて。

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

外部リンク

お気に入りブログ

今夜もeat it
honeywhite
Lounge 3am
Sha*ra*ra

ライフログ





ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。