<   2005年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

空の旅、朝の空。

c0006904_14565591.jpg
搭乗日5日前になりましたので、お知らせします。

9/14 ANA657 羽田 7:55a.m. 普通席 予約番号0111
ご予約の詳細はこちら
ご搭乗お待ちしております。

となりは、窓。そして海原。白い、白と青の海原。

ゆっくりと滑走路を進む機内から窓の外を眺めながら、人は、空港へ空を見に行くのだと思った。地平線まで見える空と、芝生の緑と、滑走路の灰色。その線が、きれいに引かれていて、開けているところはいいなぁと思った。離陸前になるとアナウンスが繰り返されて少し不安になったけれど、空港の向こうに白い風車がくるくる回ってるのを見つけてうれしかった。

そして、離陸。そこには海と空しかなかった。白いさざ波、朝を迎えた海は布みたいに広がって、その上にまるで意思持つものみたいに、ぽつぽつ船が浮いている。海と空だけ。うれしくてココロがふるえて、涙がにじんだ。これを見るためにまた始発で朝の空を飛んでもいいと思えたくらい。斜めに上昇していく機体の窓から、じっと海を見ていた。

くっきりと陸と海との境が見えてくる。コンビナート、高速道路、その間にひしめくつぶつぶの建物。ゴルフ場に、深緑の山々。山際まで人は住んでいて、田んぼはまっすぐに区画されている。空にはこんなにたくさんの雲がある。富士山の西側には、たくさんの雲がぶつかって集まって、その代わり東側はきれいに晴れていた。こもこも緑の富士山。裾野の一部が均されてたのは自衛隊の訓練場かな。こんな時代になったなら、人は誰しも一度は空からこの国を見た方がいいと思った。自分の目で、自分たちがどんな大地に住んでいるのかを広く広く見渡すことを、経験のひとつとして持っておくといいと思った。

加速して飛んでいく時、この5ヶ月の疲れも悩みもぜんぶ飛んでいけばいいと思った。焼けそうな陽の光。小さな窓から見える広い世界。家までの距離は、あと半分。旅の雑誌のきれいな写真を切り抜いて、冬にはみんなに年賀状を出そう。そんな余裕は空を飛んでまもなく生まれてくる。つれづれに筆も進む。振り向くと、また外が白い。

"I am seiling." photo by maya Kesen-numa summer 2004.
[PR]
by ekotoba | 2005-09-25 13:13 | エココロ。 | Trackback | Comments(4)

いのちの波。

 
 
c0006904_11451470.jpg

イルカは捕らわれの身となった自分の状況を、はっきり認識している、という。そして、その状況を自ら受け入れると決意した時、初めて、自分とコミュニケーションしようとしている人間を喜ばせるために、そして自分自身もその状況下で、精一杯生きることを楽しむために、水中を生き生きと泳ぎ、遊ぶことを始めるのだ。-Tatsumura Jin.


More...
[PR]
by ekotoba | 2005-09-24 11:45 | エコトバ。 | Trackback | Comments(2)

メダカと縁側。

c0006904_12413342.jpg夏休みは、実家の縁側でメダカを眺める。

手水鉢の中をすいと泳ぐメダカは、夏の終わりにもたまごを抱えている。陽にあたって、キンギョモからは、絶え間なくぷくぷくと泡が立ち昇る。

ぷく ぷく ぽく ぽく
ぽ  ぽ  ぽ  ぽ 

。  ゜  ○  。  ゜    ○ 。  ゜   

   。  ゜  。  ゜  。  ゜   。
少し前にたまごから孵った赤ちゃんは、別の小さな金魚鉢に入っている。天気のいいお昼前。泡は緑の葉の同じ箇所から、後から後へと続いていく。連なって水面へと昇っていく、ちいさな透明な球体がきれい。

こうしてキンギョモから酸素は作られていく。
その酸素を吸って、メダカJr.は育っていく。
昼には水は温み、おなかが空いたらキンギョモをつついて、小さな体いっぱいを使って水の中を泳ぎ回る。メダカの成長を、母は楽しみにしている。その単純で、大切なつながり。

縁側。 ここから庭を眺めるのが好き。昼には雲を、夜には月を。冬には雪を、春には陽を。縁側で本を読んで、雲を見て、昼寝して、宿題をして、本を読む。そんな頃、将来の夢は、この家を離れても縁側でひなたぼっこをすること、だった。そのために穏かな空を守りたいと思った。社会人の夏休みは6日間と短い。そのつかのまを金魚鉢の中の泡に見蕩れて過ごす。

"Su, niwa, engawa." photo by maya at home Sep 2005.
[PR]
by ekotoba | 2005-09-17 12:44 | エココロ。 | Trackback | Comments(3)

おいしいものはココロを開く。

c0006904_20481426.jpg
映画「ショコラ」を観ました。

ヒロインが作るショコラ(チョコレート)の不思議な魅力で周りの人たちを幸せにしていくストーリー。甘い魅惑的なお菓子が、因習にとらわれ固く閉ざされた村人たちの心をすこしずつ開いていく。そして最後にショコラが開くのは・・・。人とどう向き合うか、人に何をしてあげるために生きるのか。重すぎず、軽すぎない秀作。主演のジュリエット・ビノシュがすごくきれいな人だなあと思いました。

このお店は隣町にあるケーキ&パン屋さん。お店の奥がカフェになってます。盛夏の頃、席からの眺めが気に入って一枚撮りました。

"afternoon bread and tea" photo by maya summer 2005.

さて、ここでomuちゃんから周ってきた10コの質問に答えてみます。

Q1.理想の恋人像を教えてください。 → あっさりしてやさしい人。包容力のある人。
Q2.恋人選び、見た目と性格を重視する割合は? → 3:7くらい。
Q3.今日は一日好きな人と一緒。 あなたの考えるデートプランを教えてください。 → 自転車で川原まで行ってキャッチボールしてお昼食べて草の上で昼寝。買い物に行って二人で夕ごはん作って食べたあと映画を見る。うーん贅沢。好きな人となら何しても楽しい。
Q4.好きな人と、初めて二人でカラオケに行くことになりました。 さぁ、どんな曲を歌いますか?また、相手には何を歌ってもらいたい? → カラオケには行きません(笑)。歌うなら、アンプラグドで一緒に歌う。
Q5.夜の遊園地、はじめて二人で観覧車に乗りました。ドキドキクライマックス!手をつなぐ?つながない?? → つなぎましょう。
Q6.楽しいデートの時間はあっという間。いつの間にか終電がなくなっていました!そんなとき、あなたならどうする??そして、相手になんて言う? → カフェorカフェバーに行く。お酒が足りてたら、エスプレッソ・アフォガードを食べる*
Q7.相手をかなり気に入ったあなた。 告白は自分からする? 相手からされるのを待つ? →待ってるうちに自分から言ってしまう。
Q8.ずばり、いま好きな人、気になる人がいますか?  → いますよー。
Q9.その人は、GREE内に生息しますか? →  おりませんー。
Q10.Love Batonをまわす5人の人たち → ということですが、ここでおしまいにします(^^ゞ

*omuちゃんありがとう* では*
[PR]
by ekotoba | 2005-09-15 20:49 | エココロ。 | Trackback | Comments(2)
 




一葉の写真に、生活と自然のことばを添えて届けます。

by エコトバ。

プロフィールを見る

メモ



素材をお借りしています。

タグ

カテゴリ

エコトバ。
エココロ。
とうきょうの縁側。
旅のこと。
畑のこと。
いのちのこと。
こんなこともしてます。
blogについて。

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

外部リンク

お気に入りブログ

今夜もeat it
honeywhite
Lounge 3am
Sha*ra*ra

ライフログ





ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。