<   2004年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Mountain, Ocean, and Sun。

2004/03/11 vol.9
c0006904_11435360.jpg
ある日の昼食。

春待ち大根バーガー、ミネストローネ、グリーンサラダ。それに、コップに入った水。スープのボウル、サラダボウルは陶器。コップはガラス。フォークとスプーンは金属でした。ごみになったのは、ドレッシングの袋、バーガーを包む紙、トレーの上に敷いてあるシート。

陽が差している窓に近い席で、平日の昼下がり。オフィス街の落ち着いたお店でのことでした。

せっかく店内で食べているのに、テイクアウト用の容器に入っていると、なんだか物足りない気がしてしまいます。効率最優先のファストフードでも、いくつかのメニューでくりかえし使える食器を使っていること、ちゃんとした食器でごはんが食べられることは、とてもうれしい!心地よかった。和食でも、料理はもちろんそれを盛る器までこだわって、おいしさを創りますよね。

ところで、使い捨て食器と洗い食器。これをトレーの上だけではなくて、LCAで見てみると、必ずしもどちらがいいとは言えないかもしれません。LCA(ライフ・サイクル・アセスメント)は、その製品の生産から消費、廃棄のすべての段階で、製品が環境へ与える負荷を総合的に評価するもの。

たとえばスープの容器。

陶器のボウルなら・・・(+)スープがおいしそう。何度も使える。環境にも食育にもよさそうに思える。(-)単価が高い。重い。割れることもあり。食器を洗うには洗剤を使うし、たくさんの水が汚れるかもしれません。くりかえし使う食器は、つねに衛生的でないといけない。殺菌消毒するのかな?割れてしまうと、リサイクルは難しそう。

紙コップなら・・・(+)単価が安い。軽い。落としても割れない。しようと思えば、リサイクルもできる。使い捨てだから衛生的。(-)ゴミとして燃やすことになる。原料は木材パルプかも。どのくらいのお店がリサイクルしてるのかな?紙コップのリサイクルだって、環境に絶対いいともいえないかも。

この頃は就活で、三田から大阪の街へでかけていく日々です。それに比例して外食の割合もぐんと増えました。その土地で取れたものを、その土地で食べることが、エネルギーコスト的に◎なことはもちろんなこと。だけど、現実はそんなにシンプルではないのでした。このおいしい大根バーガーは、はるばるオーストラリアから海を越えて運ばれてきた牛肉と、日本の畑で取れた大根でできているんだなぁ・・と、その向こうにあるたくさんの経済活動に思いを馳せ、私は季節とともにまたひとつ、春に近づくのでした。

♪ I love you so, I feel I won’t forget you -Sasagawa Mawa (mos CM song)

スロー。 灯り。 星。 紙。 薬草。 子ども。 ニュース。 百匠。テーマだけ並べてみると、取りとめのないエコトバを綴ってきましたが、今日のテーマは「食品リサイクル(Food Recycle)」です。

食品リサイクル法で、企業は2006年度までに食品廃棄物のリサイクル率を20%以上にすることが求められています。農水省は2000年度に初めて、食べ残しと食品廃棄量を対象にした食品ロス調査を実施しました。それによると、家庭で購入する肉や魚、野菜などの食品のうち、傷んだり食べ切れなかったりして無駄に捨てる割合は7.7%で、家庭の方が、外食の食べ残し率より高かったそうです。(一方で、結婚披露宴では23.9%が食べ残し、という興味深い調査もされています。)おなじ2000年度で企業のリサイクル率は13%なのに比べて、家庭は1%未満。食べ物のリサイクルは、発展途上。まだまだこれからという感じです。

◇ 生ごみは、ゆっくりゆっくりリサイクル。

とあるファストフードチェーンは、2002年から3店舗で生ごみ処理機を実験的に導入しています。5kgの生ごみは6時間かけて堆肥化され、それを契約農家の野菜生産へフィードバックするという食品リサイクルシステムも実験的に開始。このチェーン店では、商品の作りおきをしないため、そもそも生ごみ排出量は少なく、その点でも食品リサイクルを実現しやすい事業環境にあるそうです。生ごみが肥料になって土に戻り、そして再び野菜になってお店に帰ってくるまでの、ゆっくり長ーい旅です。

◇ たまごの殻で作ったチョーク、初商品化!

とある食品メーカーのマヨネーズの工場で発生するたまごの殻は年間2万トンにものぼるとか。2万トンのまっしろなたまごの殻の山・・想像してみたら圧巻ですね。これまでは、土壌改良材に再利用されたり、カルシウム強化食品の原料として使われてきたそうです。そしてこのメーカーは、マヨネーズを作るときに発生するたまごの殻を、黒板用チョークの原料としてリサイクルする取り組みを始めました。環境にやさしい製品として販売される、このチョークの名前が、かわいい。その名も「コッコチョーク」* 食品リサイクルの天然素材を使ったチョーク、学校や幼稚園で人気者になりそうです。

みなさんは今日、どんなごはんを食べましたか。

゜。 ゜。 ゜。 ゜。 ゜。 ゜。 ゜。 ゜。

エコトバから、エココロを。
Live a life with the sense of wonder.
春、来々。

。゜ 。゜ 。゜ 。゜ 。゜ 。゜。 ゜。 ゜。 

Ref. 食品リサイクル法
食品廃棄物の発生抑制、リサイクル、減量化に取り組むことが目的。食品メーカー、飲食店など食品関連事業者は、2006年度までに実施率を20%に達成させることが責務とされている。年間の排出量が100トンを超える事業者が未達成の場合、企業名の公表、罰金など。

"My favorite glass and magazine." photo by maya
[PR]
by ekotoba | 2004-03-11 11:41 | エコトバ。 | Trackback | Comments(0)

百匠になろう。

2004/03/01 vol.8
c0006904_23532239.jpg
あなたはその手で、何を作れますか?

ごはん。お箸。お茶碗。洋服。布団。タオル。
にんじん。ごぼう。こんにゃく。菜の花。水車。家!

部屋の中を見渡して、あなたの作ったものはいくつ見つかりますか?

お店に行けば何でも買えるようになって以来、私たちの手からは、技(わざ)が零れ落ちつづけています。それでも、ものづくりへのあこがれはまだここにあり、自分の手でものをつくることの楽しさは、子どもも大人も同じなのだと思います。昨年の環屋で竹箸を作っていたお父さんは、先に仕上げてしまった娘さんを横において、いつまでも熱心に竹を紙やすりで磨いていました。小学生の男の子達は、私たちよりもずっと器用で、まっすぐのきれいなお箸を作っていました。それを見た私もまた、店番を忘れてお箸を仕上げました。

東京に行った友達が、夏休みに会った時にくれたのは、渋い茶色の御飯茶碗。その子が土と水で作って、火をくべて焼いたお茶碗は、手に取るたび、ごはんやおかずを盛った姿を見るたびに、うれしい気持ちをくれます。私が大切に使っているもののひとつです。

上の写真は、ついこのあいだ大阪の信太山の合宿で作ったコナラのコースターです。コナラ(小楢)はミズナラやクヌギ同様、どんぐりのなる落葉広葉樹。薪炭、器具材および椎茸の培養木に用いられます。この日使った丸太は直径10cmくらいのもの。

初めてのチェーンソー(!)を使っての作業だったので、たった一枚切るだけでとてもどきどきしました。まず右足でここを押さえて、これを思いっきり引いて・・・ひとつひとつ教えてもらいながら、準備を整え、ずっしり重いチェーンソーをコナラの前に構えてからスイッチ(エンジン?)を入れると、ものすごい爆音とともに刃が回転。おっかなびっくり、そのまま刃を下におろしていって、すとん。はい、できあがり。ひとり一枚ずつコースターを手にして、満足そう。みんな年輪の数を数えたり、匂いをかいだり、模様の違いを比べてみたりして、早くもコースターに愛着を持ち始めていました。時間があれば、のこぎりで切ってみたかったです。

次はおなじコナラの丸太に20cm間隔で穴をあけて、椎茸の種ごまを落ちてこないようにしっかり詰めます。そして菌が育って一年半後にようやく椎茸が完成。講師の方のオススメは、椎茸を網の上であぶって、良質の塩をかけて、いただきます!来年の秋が楽しみです。

今回は「百姓(an all-round workman)」のお話。

コナラを使って2つのものを作る体験をさせてくれた講師の方は、百姓、つまり百のもの、たくさんのものを作れる人になりたい、と語ってくれました。私とひとつ違いなのに、自分の畑を持って、野菜もおいしいお茶も作っている人の夢は、揺るぎも迷いもなく、大きかった。ゆくゆくは家も自分で作ってみたいのだそうです。風車。おもちゃ。座布団。スカート。団扇。版画絵。楽器。コップ。入浴剤。庭。私の手に、何が作れるかな。何かを、作ってみたいな。

しょう【匠】技術を有する人。技術にすぐれた人。工匠。職人。職工。特に、古くは、木工職人をさしていった。
ひゃくしょう【百姓】手や道具を用いて、さまざまな物を作り出すことを業とする人。様々な仕事をしている人。
ひゃくしょう【百匠】百姓+匠、私の造語。

゜。 ゜。 ゜。 ゜。 ゜。 ゜。

エコトバから、エココロを。
Live a life with the sense of wonder.
春、来々。

。゜ 。゜ 。゜ 。゜ 。゜ 。゜。 

Ref. 大阪2月ギャザリング
エコ・リーグ主催のイベントのひとつ。2004年2月27~29日、大阪・信太山の野外活動センターにて2泊3日のいろいろな企画を通して、環境に関心を持つ日本各地の学生が交流しました。私が参加したのは、分科会「水から大阪を明るくする」by須知裕曠さん、分科会「農や自然を学ぼう、分かち合おう」by伊川健一さん(この企画でコースター作りと椎茸の種植えをしました)。他にも山でのフィールドゲーム、関西の環境活動報告会、イタリアに農ボランティアに一年間入っていた方のお話など。初めて会った子ともすっかり親しくなって、お風呂の湯船にならんでサークルのことについて「そうそう!」って話し込んだりもしました。いや~。初めて青森出身の人に出会ったり、たくさんの写真を見せてもらったり、山を歩いて落ち葉や草で真剣に遊んだり。楽しかったです。この経験をつぎにどうつなげていくかを今は模索中です。

"konara in my room" photo by maya
[PR]
by ekotoba | 2004-03-01 23:52 | エコトバ。 | Trackback | Comments(0)
 




一葉の写真に、生活と自然のことばを添えて届けます。

by エコトバ。

プロフィールを見る

メモ



素材をお借りしています。

タグ

カテゴリ

エコトバ。
エココロ。
とうきょうの縁側。
旅のこと。
畑のこと。
いのちのこと。
こんなこともしてます。
blogについて。

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

外部リンク

お気に入りブログ

今夜もeat it
honeywhite
Lounge 3am
Sha*ra*ra

ライフログ





ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。