slow life, hard life.  -2-

c0006904_2036208.jpg
7月21日 晴れ
6時起床。自家製スコーンで朝ごはん。
(畑の手伝いレポート・2。)

三田では熱帯夜が続いていた7月でしたが、篠山では窓を開けるとすーっと涼しい風が入ってきて、くしゃみをしそうなくらいだったので、窓はそっと閉めて眠りました。朝=窓の外が明るくなっている時間。眠い目をこすって、窓を開けると、山のふもとに朝もやがたれこめているのが見えました。(1のphoto)

6時半、たまさんが小麦粉をこねて焼いてくれたスコーンを食べて、先に出たのりさんを追って畑に向かう。まずは昨日と同じ畑の水遣り、そしてハウスの中でポットの土入れ。既製の土を買いたくないというのりさんのこだわりから、土はのりさんがいろんな自然のものを混ぜて作っているそうです。ちょっと誇らしげにそれを教えてくれる、うれしそうなのりさん。のりさんが草刈をしている間、私はその土を、80コくらいのポットに入れていくのを任せられました。小さな黒いポットは、この後野菜の種を蒔いて苗を育てるのに使われます。これは酒井さん*にいわせると、赤ちゃんのベッドを整える重要な作業。それなのに、私はとても要領の悪い方法でやっていたので、遅々として進まず・・・。(*酒井さん=篠山で有機農を30年続けているおじいちゃん。これまでに3回訪問させていただきました。)
 
草に囲まれた白いハウス越しに見る朝の景色は、明るい光りとしっとりとした空気に洗われてきれいだった。私の作業の遅さを見かねたのりさんが、バナナジュースとスコーンを持って手伝いに来てくれました。素焼きのマグで飲むジュースは、牛乳のすっきりした甘さで、スコーンを食べて渇いたのどにおいしかった。

次にやったのが、里いもの畑での草集め・草運び。これが結構重労働で、10畝ある畑の中を、大きなねこぐるまを押して進み、刈ってそのまま置いてある雑草を、道具でかき集めてくるまに乗せていく → 畦を通って、となりの畑に作ってある雑草置き場まで運ぶ この繰りかえし。

言葉に書けば、ただそれだけなのに、影もない畑の真中で、ひとり汗を流して、奪われていく体力をひしひしと感じるのは、少し孤独でつらく、大変だと思った。それでも、ぼたぼた落ちる汗をタオルで拭ってまた顔を上げるときに見る、住山の景色がきれいだったから、それでまた力をもらって手を、足を動かす。お陽さまの下、少しずつ進んでいく作業に没頭して、お昼までに終わった時の充実感はなかなかのもの。

"noritama-nouen-no-iriguti" photo by maya
[PR]
by ekotoba | 2004-07-25 16:15 | 畑のこと。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ekotoba.exblog.jp/tb/412450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
 




一葉の写真に、生活と自然のことばを添えて届けます。

by エコトバ。

プロフィールを見る

メモ



素材をお借りしています。

タグ

カテゴリ

エコトバ。
エココロ。
とうきょうの縁側。
旅のこと。
畑のこと。
いのちのこと。
こんなこともしてます。
blogについて。

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

外部リンク

お気に入りブログ

今夜もeat it
honeywhite
Lounge 3am
Sha*ra*ra

ライフログ





ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。