ムササビ Night Watching。

c0006904_10365085.jpg
夜のドキドキとワクワク。ムササビ、会えるかな??



ムササビ Night Watchingは、週末にボランティアで参加したNPOの自然学校のイベント。子どもたちとそのお父さん、お母さんたちと一緒にケーブルカーと徒歩で夕暮れの山に登り、ムササビに会いに行きます。

[山のクーラー]
山は天然のクーラー。湧水も汲めるケーブルカーの乗り場で木々に囲まれると、それだけで、ひんやりした空気に包まれました。こんなに涼しいならクーラーなんかいらないね、とお母さんたちも驚き。もちろんケーブルカーの窓は全開。山の空気が通りぬけていきます。そんなケーブルカーを降りて、山を登る道すがら、レンジャーさんの説明を聞きながら、ムササビが食べる実がなる木や、前にムササビが住んでいた木の穴を観察します。モモンガくらいかな?と思っていたら、ムササビは実はもっと大きくて、ネコくらいの大きさ。そんな大きな動物が飛べるんかな?ほんとに野生動物に遭えるんかな?という不思議な気持ちで子どもたちと一緒に進む。

[オレンジの光]
夜行性のムササビをおどろかさないように、懐中電灯の明かりは極力使わないようにします。ライト部分にも赤いセロファンをかぶせて、白い光→オレンジの光に。こうしておくと光度が低くなり、闇に慣れたムササビの目をくらますことなく、夜道を歩けます。

今回のモデルは、4才くらいの男の子。懐中電灯といえばお決まりの、「あーってやって、あーって*」というにわかカメラマンのリクエストに、素直に懐中電灯を使い、おえべっさん並の笑みで応えてくれました。

[miniプラネタリウム]
ムササビの登場を待つ間、この子とした遊びですごくおもしろかったのが、葉っぱのプラネタリウム。偶然にその子が懐中電灯の上に拾った落ち葉を一枚のせると、虫が空けた無数の小さなまるい穴からオレンジ色の光が漏れて、まるで星空みたいに見えたのでした。「わー*すごい、きれいやね、」と感動して、笑顔のその子と一緒にうれしくなった。次々にのせる落ち葉を変えてみると、どの葉っぱにもいろんな穴がたくさん空いていて、「これもいっぱい!これもすごいねぇ、」と飽きることなく、虫と葉っぱが作った天然のプラネタリウムを展開。のせた葉っぱをおさえて懐中電灯を向けてみると、手や足に星を投影して見ることもできておもしろかったです。

[ムササビ!]
日が暮れて、ムササビのお出かけの時間がやってきました。明かりは落として、おしゃべりはひそひそ声で、というレンジャーさんの言葉を守りながら、みんなで会えるかな、会えないのかな、という不安と期待でそわそわ。そしてムササビが家から出た、という一報を受けて、みんなで木の下でじっと待つと、それは一瞬のこと。木から木へ。すうっと飛んだ影は、さながら白い座布団。みんなでわぁ見れたね、見れたね、と声を抑えて興奮気味の中で、私もちょっと鳥肌でした。

[虫の時間]
帰り道も、子どもたちはいろんな生き物に会いました。「いたー」という声がすれば、みんないっせいにそこへ駆け寄っていきます。「見せて見せて」と取り囲む中心には、いっぴきの虫。夜になって人が少なくなると、道には昼間は会えなかったいろんな虫がいたのでした。大人たちは「ほんとによく見つけるね」と感心するほど、帰り道の「いたー」「どこどこ?」「見せてー」はくり返される。カミキリムシもカメムシも、子どもたちには押し合いへし合いの人気者。

帰り道、周りの人に、何でもいいから動物を描いて、とえんぴつと紙を渡しながら、いろんな動物の絵でいっぱいになった紙を持って、家族と一緒に帰っていった女の子。私はそこに描かれた動物が、本やテレビ、動物園の中でだけ会えるのではなく、人々の暮らしの中でお互いに干渉しすぎない、偶然すれ違うような存在であってほしいと思う。けれど、ムササビが暮らす山は、登山客の増加や圏央道の開発で脅かされていて、私たちの、子どもたちのsense of wonderは、いつまでムササビに会えるんだろう、とずっと先の夜を思う。

"Musasabi night watching." photo by maya, August 2005.
[PR]
by ekotoba | 2005-08-21 10:37 | こんなこともしてます。 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ekotoba.exblog.jp/tb/2541750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by hama at 2005-08-28 23:32 x
おぉ。
行ってきましたか。ムササビNight。
maya殿が伸び伸びしている姿、見たかったなぁ。。。。

今日はエツヲ殿が京都に来ました。
明日は前部署のメンバーも一緒に、朝から町屋のお掃除です。
Commented by ekotoba at 2005-09-24 16:44
>hamaさん。
Senseの子どもたちは生き生きしてて、私も一緒にいると自然に子どもの心に還っています。今月も参加してきました。ご紹介してくださったhamaさんに感謝感謝です。

私はほんとにエツヲが同期でよかったと思います。いつか二人でhamaさんに会いに行けることを楽しみにしてます*
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
 




一葉の写真に、生活と自然のことばを添えて届けます。

by エコトバ。

プロフィールを見る

メモ



素材をお借りしています。

タグ

カテゴリ

エコトバ。
エココロ。
とうきょうの縁側。
旅のこと。
畑のこと。
いのちのこと。
こんなこともしてます。
blogについて。

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

外部リンク

お気に入りブログ

今夜もeat it
honeywhite
Lounge 3am
Sha*ra*ra

ライフログ





ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。