咲きををる、桜の花。

c0006904_16261996.jpg

枝もたわむほどに、今を盛りと咲く桜の花。
風が止まず、春雨が降り続いているけれど、
しばらくは散らないでほしい。
旅に出るあなたが帰るまで。

私の旅は7日は越えないでしょう。
風の神、龍田彦よ、決してこの花を風で散らさないでください。

○ 。  ゜  ○ 。  ゜


白雲の 龍田の山の 瀧の上の 小椋の嶺に
咲きををる 桜の花は 山高み 風しやまねば
春雨の 継ぎてし降れば ほつ枝は
散りに過ぎにけり 下枝に 残れる 花は
しましくは 散りな乱(まが)ひそ 草枕
旅行く君が 帰り来るまで (万葉集 一七四七番)


我が行きは 七日は過ぎじ 龍田彦
ゆめこの花を 風にな散らし  (同 一七四八番)



"Let it stay." photo by maya in Tokyo, 24 Mar 2013.
[PR]
by ekotoba | 2013-03-27 17:33 | エココロ。 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ekotoba.exblog.jp/tb/19743237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by vivio at 2013-03-29 10:49 x
古典はいいですね。
一瞬、他の世界に連れて行ってくれます。

「森川語訳枕草子」を思い出しました。
Commented by ekotoba at 2013-03-29 14:10
>vivioさん。

旅の行き先は難波(大阪)だそうです。龍田山(奈良)から7日で行って帰ってくる・・・徒歩だったのか、馬だったのか、のんびりした旅の間も、桜が気にかかってしまうのは今も昔も同じようです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
 




一葉の写真に、生活と自然のことばを添えて届けます。

by エコトバ。

プロフィールを見る

メモ



素材をお借りしています。

タグ

カテゴリ

エコトバ。
エココロ。
とうきょうの縁側。
旅のこと。
畑のこと。
いのちのこと。
こんなこともしてます。
blogについて。

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

外部リンク

お気に入りブログ

今夜もeat it
honeywhite
Lounge 3am
Sha*ra*ra

ライフログ





ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。