初春の初子の今日の玉箒。

c0006904_15451735.jpg

正月三日、内裏に数多の王臣をお召しになり、
玉箒をお与えになり、宴を催しなさった時に帝の命を受けて詠んだ歌

初春の 初子の今日の 玉箒
手にとるからに 揺らく玉の緒

はつはるの はつねのけふの たまははき 
てにとるからに ゆらくたまのを

新しい年を迎えて初めての子(ね)の日に帝から賜った玉箒
手に取るだけで飾り玉がゆらゆらと揺れ妙なる音を立てる

万葉集 巻二十(4493)より大伴家持の歌。
玉箒(たまばはき)は、正月に皇后が自ら養蚕をするとして神前に供えた、
蚕室を掃くのに用いた、玉を飾り付けた手箒。
これは奈良の正倉院に現存しているそうです。

瑠璃など色とりどりのガラスのビーズを穂先にちりばめ、
根元を金糸で束ねた手箒を、新年の宴の席で下賜された、大伴家持。
手に取った時に飾り玉が揺れて立てた、
微かな、晴れやかな音に、心も躍り、
おめでたい日を祝う言葉があふれたのでしょう。

"Hatsu-haru." photo by maya 1st Jan 2012.
[PR]
by ekotoba | 2012-01-02 17:25 | エコトバ。 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ekotoba.exblog.jp/tb/17272344
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by isseyblog at 2012-01-04 19:50
附中の頃の「枕草子」を思い出しました。
あの頃は、色々楽しかったね。
Commented by ekotoba at 2012-02-23 16:07
>isseyblogさん。

稀有な時代でした。と、昔のことだと思っていたら、今もFacebookでわいわいやっています。いろんな人の話し声が聞こえてくる教室の休み時間みたい。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
 




一葉の写真に、生活と自然のことばを添えて届けます。

by エコトバ。

プロフィールを見る

メモ



素材をお借りしています。

タグ

カテゴリ

エコトバ。
エココロ。
とうきょうの縁側。
旅のこと。
畑のこと。
いのちのこと。
こんなこともしてます。
blogについて。

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

外部リンク

お気に入りブログ

今夜もeat it
honeywhite
Lounge 3am
Sha*ra*ra

ライフログ





ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。