春の天蓋。

c0006904_5343791.jpg
白く光る春のアーチをくぐって、朝の空を見上げる。
枝を見てはこの花はいつ頃咲くのだろう、咲いたら今度は、
いつが見頃だろう、雨は降らないか、風は強くないかと心を騒がす。
満開になれば嬉しさとともに、風に散り始めるひとひらにまで心を揺さぶられる。

世の中に絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし
(在原業平  古今和歌集)
もしもこの世に桜というものがなかったなら、春を過ごす私の心はのどかだろうなぁ。
ほんとにね。

c0006904_5223693.jpg
とうきょうの縁側⑯桜[sakura]

花見の風習が広く庶民に広まっていったのは江戸時代。徳川吉宗が江戸の各地に桜を植えさせ、花見を奨励たことから始まるそうです。実はこれ、花見客が桜の下を歩くことで地面を踏み固めてもらい、地盤の整備をするというのが目的の一つにあったとか。東京の開花宣言は、靖国神社の桜を観測して発表されています。名所として人気なのは、上野公園、千鳥ヶ淵、代々木公園、新宿御苑、井の頭公園、目黒川沿いなど多数。晴れた日には、みんな誘ってお花見にいこう!

"Sakura no arch." "Sakura no tohri-michi." photo by maya at Ichigaya 2008.
[PR]
by ekotoba | 2009-04-03 06:19 | とうきょうの縁側。 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ekotoba.exblog.jp/tb/11241607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by あた at 2009-04-03 07:38 x
すげー咲いてる!どこどこ?
井の頭公園はまだつぼみがたくさんでしたよ。
Commented by ekotoba at 2009-04-03 16:42
>あたさん、それぞれ大妻通りと靖国通りの桜です(市ヶ谷)。
千鳥ヶ淵をさっき見てきましたが、桜も人も満開でした。
井の頭公園はまだつぼみなんですか!来週も楽しめそうですね*
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
 




一葉の写真に、生活と自然のことばを添えて届けます。

by エコトバ。

プロフィールを見る

メモ



素材をお借りしています。

タグ

カテゴリ

エコトバ。
エココロ。
とうきょうの縁側。
旅のこと。
畑のこと。
いのちのこと。
こんなこともしてます。
blogについて。

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

外部リンク

お気に入りブログ

今夜もeat it
honeywhite
Lounge 3am
Sha*ra*ra

ライフログ





ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。