あののどを鳴らすのはあなた。

c0006904_1846774.jpgこんにちは、私、りこちゃんです。ご覧のとおり、猫です(写真中央)。お利口だから、りこちゃんっていう名前をもらいました。この家に住んでもう長いんですが、ふっくら、淡いグレーの毛並みが落ち着いた雰囲気を感じさせる、いい年のとり方したなぁって思ってます。



で、今日はなぜか私の家にこの子(写真右端)が遊びに来ました。うちに歩いてくるのを出窓に座って見てたら、目が合った瞬間分かったんです。ああ、この子は猫好きだわ、きっと上手に遊んでくれるわ、って。これも経験でしょうか。それで玄関に先回りして、きちんとお座りしてお迎えしました。

まずは初めましてのごあいさつをして、それから私たち、畳のお部屋で結構長い間、遊びました。耳の後ろ、頭のてっぺん、鼻の頭をかいてもらって、のどをゴロゴロ。首の周り、のどの柔らかいところ、なでなでしてもらって、のどをゴロゴロ。いつもは、お父さんもお母さんも忙しくて、こんなに遊んでくれないので、嬉しくて、ついうっかり、うにゃ~んと床に転がってしまいました。でもこの子ったら調子に乗っておなかを触ろうとしたから、そこは理性を取り戻して、ちゃんと猫爪で、はしっと掴んでストップをかけました。そしてまた、ゴロゴロゴロゴロ・・・・。やっぱり猫のカンはあたるもの。年を重ねた猫と、猫好きの人。この関係が大切。写真はなんだかピンボケになったけれど、とっても満足な昼下がりでした。 (りこちゃんのお手紙より引用)

『猫のゴロゴロ。』

みなさんは猫が、のどをゴロゴロ鳴らしているのを聞いたことはありますか?嬉しいとき、楽しいとき、満足しているとき、リラックスしているときに、猫はのどをゴロゴロ鳴らすそうです。「ゴロゴロ」 = 「気持ちいいニャ~。」 「ありがとうニャ。」 「う~ん、満足ニャン。」こんな感じなのでしょうか・・・^^;

でも、どうしてニャーじゃなくて、ゴロゴロって鳴くのかな??と思って少し調べてみました。するとびっくり。このゴロゴロという音は、元々赤ちゃん猫が、お母さん猫に、「お乳をちゃんと飲んでいるよ」、ということを伝えるための鳴き声(!)。お母さん猫はのどを鳴らして赤ちゃん猫に自分の居場所を教え、一方、赤ちゃん猫はのどを鳴らして、授乳がうまくいっていること、気分が良い状態にあることをお母さん猫に伝えます。お母さん猫はそれを聞いて安心し、身を横たえ母乳を与えることができるそうです。猫のゴロゴロは、大切な親子のコミュニケーションがルーツだったんですね。素敵です。

 ※ ちなみに・・・逆に嫌がっているとき、緊張したとき、怪我をしたときにも、のどをゴロゴロ鳴らすことがあるそうなので、お互いの気持ちを大切にして良い関係を築いてください。

"riko-chan." photo by maya at riko-chan's house.
[PR]
by ekotoba | 2008-10-23 19:19 | エコトバ。 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://ekotoba.exblog.jp/tb/10166595
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
 




一葉の写真に、生活と自然のことばを添えて届けます。

by エコトバ。

プロフィールを見る

メモ



素材をお借りしています。

タグ

カテゴリ

エコトバ。
エココロ。
とうきょうの縁側。
旅のこと。
畑のこと。
いのちのこと。
こんなこともしてます。
blogについて。

以前の記事

2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 05月
more...

検索

記事ランキング

ブログジャンル

自然・生物
旅行・お出かけ

外部リンク

お気に入りブログ

今夜もeat it
honeywhite
Lounge 3am
Sha*ra*ra

ライフログ





ブログパーツ

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。